岡山で医院開業・医院継承をお考えなら、ぜひご相談ください。診療圏分析、物件選び、予算設定、開業後相談まで、全てがここにあります。

医院経営で生じる問題と、そのコンサルティング例をいくつかご紹介します。

質問部分をクリックすると回答部分が表示されます。

受付スタッフが不親切・無愛想と患者から苦情が…

接遇マナー向上のためのセミナーや研修を受けてもらいましょう。あすなろでは医業に特化した接遇マナー向上研修をご案内できます。受付業務の経験が少ない方はもちろん、経験は積んでいるがもう一度学んでみたい方にもおすすめいたします。

また、以前はよかったのに最近急に不評になった…ということでしたら、スタッフのメンタルヘルス面の問題も考えなければならないでしょう。

患者様は、程度の差こそあれ心身に不調があるために来院されており、ちょっとしたスタッフの対応の悪さがが大きなストレスとなることがあります。逆に、ちょっとした心遣いが大きな感謝につながることもあります。ドクターはもとよりスタッフの接遇によって医院の雰囲気が大きく変わります。より良い医院を作っていくためにはスタッフの接遇・マナーの教養は必須です。

経費・コストを見直したい

あすなろ会のコンサルタントにお任せください。経費がかかっているものをひと通りチェックし、コストダウンできる可能性のあるものを洗い出します。

例えば、薬や消耗品はその代表です。最新の医療事情にあわせて、適切なものをご紹介します。もちろんドクターの治療方針や、コストダウンで発生しうるデメリットも勘案して、単純なコストカットのみに偏らないようにご提案させていただきます。

スタッフが急に辞めると言い出した

辞める原因は様々考えられます。

  • 患者さんとのトラブルがあった
  • 同僚やドクターとの人間関係がうまくいっていない
  • 給与が見合っていない、他の病院のほうが条件が良い

原因追求・改善は今後のためにも重要です。辞めるといったスタッフには、「それでは困るのだよ!」と雇用者・医院側の都合で問い詰めるのではなく、当院の問題点はどこにあるのか、今後の発展のために改善すべき点はないだろうか、などアドバイスを聞くような姿勢で話をしてみましょう。

それと並行して、新たな人材の確保にいち早く動く必要があります。人材不足から他のスタッフが多忙になり、連鎖的に辞めてしまう例もあります。新人が入ることは、職場が活性化したり、新人教育を通じて業務の見直しや最適化が行えるチャンスにもつながります。